整備体験 その2

昨日は秋分の日でしたが、休日返上で北星女子高の生徒さん8人が車いすの整備に来てくれました。先日来てくれた生徒さんと同じく、10月中旬に修学旅行でカンボジアへ11台の車いすを運んでくれます。前回の2倍の生徒さんですから、迎える我々も準備をしてのお迎えです。

ちょと狭いですがそこは譲り合って場所を作り、カンボジアの人たちが気持ちよく安全に乗ってもらうため、ちょっと余り気味でフィットしない軍手で慣れない工具を使っての一生懸命の整備です。

最後は生徒さんと先生とスタッフの記念撮影なんですが、生徒さんの素敵な笑顔を皆さまにお見せできないのがとても残念です。

打ち合わせ中

市民の皆さんに向けての「車いすの乗り方と日常点検講座」を10月と11月の2回、札幌市内の区民会館で開催する予定で準備を進めています。その打ち合わせをyamaさんを中心に打ち合わせしています。

講座では「車いすの乗り方と日常点検」の冊子も用意しています。講座の詳細は後日お知らせします。是非、お越しください。

テーブルクロスが秋に変わりました。可愛いでしょう!

整備体験

カンボジアへ車いすを運んでくれる北星女子高の生徒さん4人が、授業を終えた夕方から一緒に飛ぶ車いす整備に来てくれました。

いつも厳しいベテラン整備士から優しいくOKをもらい、車いすに整備済みシールを貼りました。

清掃と整備

「これ撮ったらいいんじゃないか」とyasuさんから声が掛かりました。 車いす前輪キャスターの車軸部分に絡みついた汚れです。

車軸部を分解すると大体似たり寄ったりの状況です。 日々、丁寧な清掃・整備を心がけています。

冊子作りが佳境を迎えています

この秋「飛んでけ!」では、市民の皆さんに向けて「車いすの乗り方と日常点検講座」を開きます。

今、その講座でお配りする「車いすの乗り方と日常点検」の冊子作りが佳境を迎えています。 昨日も整備作業後、皆さんが知恵を出し合い、サクサクと順調に出来上がってきています。インターンシップで来ている学生さんも加わって力になっています。

本当に整備チームのおじさんたちのチームワークには脱帽です。ス♥テ♥キ

kobaさんの手控・9月13日(水) より

ネパールについてのレクチャー

毎週火曜日は「飛んでけ!」の整備チームが整備をする日。いつもは静かな事務所もこの日ばかりは賑やかです。 昨日は整備後、11月に海外整備プロジェクトの一環としてネパールへ派遣される整備チームのために、3月にスタディツアーでネパールへ行った牧野さんにネパールについてのレクチャーを受けました。

映像を見ながらネパールの国や施設などの現状を聞き、具体的な質問も飛び交いました。皆さん意欲的で、まだまだ若い人には負けてません❗

本当に頼もしいシニアの皆さんです。

kobaさんの手控・9月13日(水) より

古タイヤの処理

車いすのタイヤは、摩耗やひび割れやで消耗が激しい部品の一つです。

交換したダイヤはビート部にピアノ線が入っているので、普通のハサミではとても切れません。ワイヤーカッターでピアノ線を切ってからゴムの部分をハサミで切断し、処理しやすい大きさにします。

事務所にあるワイヤーカッターは小さいので力を一杯に出さないと切れません。切れる時は「プチン」と気持ちの良い音がします。ビニールのクッション材の「プチプチ」をつぶすのに似ていて癖になりそうです。

漬物と枝豆

整備活動後のお茶会でご馳走していただいたキュウリの漬物と枝豆です。

キュウリはkobaさんがパン粉で漬けたもので「パン粉で!」と驚き。パンも発酵食品なので漬物を作ることができるんですって。塩味がちょうどよくて美味しいです。

事務局長さんが余市で茹でてきてくれた枝豆もうまい。どれもビールにあうこと間違いなし。

悪路でバラバラになるタイヤ

クッションキャスターと呼ばれている乗り心地がよさそうな車いすの前輪キャスターです。

悪路を走ると放射状に亀裂が入ってタイヤがバラバラになると報告がきているので、「飛んでけ」の車いすはゴム系などのハードなタイヤで出荷しています。

このタイヤも残念ですが廃棄です。