「飛んでけ」テレビに出ます!

本日、TVhさんに取材を受けました~。

エルプラザ市民活動サポートセンターさんの紹介とそこからリングプルつながりで(サポートセンター内に回収箱があります)「飛んでけ」の紹介になります!

札幌吉本のしろっぷのお二人が来てくださいました!

気さくなお兄ちゃん2人。

一緒に整備してもらったり・・・

たのしかったです。

私も会の活動紹介したり・・・まごまごしたかもしれませんが。

皆さん、是非録画予約してくださいね!

4月9日(火)22:55~23:00にTVhです。

「飛んでけ」は実質3分くらい。

 

 

旅行者も車いすも少ないです!

久しぶりの更新ですみません。

事務局Kazumiです。

もらえるものは何でもありがたく頂戴しながら活動していたら、インフルエンザももらってしましました。

まだまだ流行っているようですので、皆様もお気を付けください。

 

今日は、旅行者と車いす募集のお願いです!

12月から1月にかけて、嬉しい悲鳴と言いましょうか、40台近くの車いすが飛び立ちました。

倉庫での整備作業や発送作業はてんやわんやで大変でした。

無事にカンボジア、タイ、スリランカ、ザンビア、ニカラグア、ベトナムへと旅立ちました。

たくさんの笑顔が生まれました。 車いすをご提供くださった方々、運んでくださった方々、ありがとうございました。

 

しかし!2月に入ってから旅行者激減。

車いすの在庫も激減です。

車いすを待っている人が世界中にたくさんいます。

現在、「飛んでけ」に情報が来ているだけでも、

カンボジア・プノンペンに11名

インドネシア・バンドンに1名(ジャカルタでの引渡しが可能です)

スリランカ・コロンボに1名

ベトナム・ハノイに1名

ベトナム・ホーチミンに6名

います。

「飛んでけ」に情報が来ていなくても、どこの国でも車いすを必要としています。

3月末~4月頭の春休みに海外旅行に行くご予定をしていらっしゃる方、車いすの手配はまだ間に合います。

是非、ご連絡ください。

※旅行者の方にも会の活動に賛同していただいてということで会員になっていただいております。

学生正会員費1000円、賛助会員一般2000円

 

また、車いすも足りません。

いつも150台程度ある在庫が現在100台を切っています。

特に、大人用の自分で漕げるタイプの車いすがほとんどありません。(本当に1~2台しか・・・)

使っていない車いすがあるよという方、ご連絡お待ちしております。

ご自宅または車いすの保管場所まで集荷にお伺いいたします。

旅行者同様、会の活動に賛同していただいてということで、会員になることをお願いしております。

(車いすはすべて整備をしてから送るため、タイヤ代などが大変かかっております。ご理解お願い致します)

病院、施設の方は原則として、賛助会員団体5000円をお願いしております。

 

海外旅行がただの旅行ではなくなります。

現地の人と交流でき、現地の福祉にく触れることができます。

車いすと一緒に海外へ行ってみませんか~?

この活動をしていて嬉しいこと

皆様、こんにちは。
前回の更新は私kazumiの松葉杖話になってしまったので、今日は一新「車いす物語(to海外)」にします。
最近は国内ネタが多かったような気もしています。

皆様ご存じの通り、「飛んでけ」は旅行者の預け入れ手荷物で1台1台車いすを使用者へ手渡しをするという活動をしています。
しかし、そうなると「旅行者が滅多に行かないような地域へはどうなるの?」と思ったり…
他団体でそういった地域への支援を行っているところもありますので、棲み分けという意味では私たちは「大量支援ではできないような一人一人の身体的特徴を見て、1台1台丁寧に車いすを送る」という使命を担っています。担っていると考えています!
しかしながら、届かない地域で「車いす必要としています~」と言われると、「送ろう!」ということになるのも「飛んでけ」らしく、JICAが行っている「世界の笑顔のために」プログラム(http://www.jica.go.jp/partner/smile/index.html)には毎回(年2回)参加し、主にアフリカ、中南米諸国へ車いすを送っています。

このプログラムは春と冬に行われるのですが、今年の春はアフリカ・ベナンへと車いすを15台送りました。
去年はバヌアツ・エクアドル・タンザニア・エルサルバドルなどに送りました。
そして、つい先日、ベナンの協力隊員の方から「届きました」とのご連絡が入りました。
メールには「昨日ついに車椅子をみることができました。日本の皆さんの気持ちが沢山つまった車椅子を見て、会長も感無量といった様子でした。」とのこと。
喜んでいただけること、車いすが脚となり現地の方々の生活が変わることが私たちの喜びなので、この連絡はとっても嬉しかったです。
現在どのように配布するかを検討中とのことです。
実際に使用している写真も届いたら皆様にお知らせを、と思います。
すごく遠い国で「飛んでけ」からの車いすを受け取り、喜んでくださる方々がいる。すごいことだなあと思います。
(会議の様子の写真を送って頂いたのでアップをと思ったのですが、写真がアップできませんでした…)

この活動をしていて一番嬉しいのは、「喜んでいる声」が聞こえることです。
会報に同封した頭紙にも書かせていただきましたが、会報54号で募集しておりました、フィリピン・セブへの旅行者が見つかり8月中旬に車いすが届きました。
その女性は、杖で歩いていたが、転倒の危険性が強くなってきたためお仕事もお休みしていたということで、車いすがもらえたら再び仕事に復帰したいとの思いを綴っておられました。
旅行者が見つかったときに、その女性にお電話をしました。(インターネット環境にいつもいるわけではない方だったので)
車いすが届く旨を説明すると、とても喜んでいる様子が電話口からもわかりました。
そして「仕事に復帰できる!」と話してくれました。
車いすがただの「モノ」ではなく生活のパートナーとして、世界中の人々の生活を変えてゆくのだなと改めて感じました。
こちらの車いすが届いた様子もまた後日。(何しろ写真添付ができないもので…)

そうやってメールや電話でやり取りをしていると、ついつい会いに行きたくなってしまうのです。
いつか会えたらいいな、と思っています。

今日も札幌は暑いですが、皆様、水分をしっかり取り、元気にお過ごしください。

佐々木と松葉杖と「飛んでけ」近況

皆様、こんにちは。
kazumiです。ブログからご無沙汰しておりました。
札幌も残暑残暑と言われていますが、週末くらいから東南アジアかと思うようなスコールが度々。
タイに思いを馳せております。

会報56号はお手元に届いておりますでしょうか?
今回はベトナムで車いすを受け取った方から届いたお手紙や高校生が高校生を紹介する「ハイスクールパワーvol.2」、車いすでバスに乗ってみようや、私がレポートするタイ結婚式と力作揃いですので、是非隅々まで読んでいただきたいです。

私事ではございますが、足の骨を折りまして先月末より松葉杖生活です。
(会報の発送日は松葉杖初心者でした)
少しの坂道がこんなにも大変なんだなと思ったり、いつも5分の道のりもすごーく遠く感じたり、ほんの少しだと思ってた段差がこんなにも高いことに気づいたり、松葉杖だとコンビニで買い物するにもかごも持てないのか、雨の日に傘もさせないのか…と日々勉強です。

松葉杖生活初日に関東から帰ってきた親友に会いに行こうと10分の道のりを一人で出かけ、ふらふらになりました。
歩道が斜めなこと、でこぼこがあること、日差し、いつもは気にならないことが気になります。
何度も辿り着けないかもと思いながら休み休み歩いていると(8月末のとても暑い日で汗だらだら)、ある企業の車が止まり「大丈夫ですか?」とお声かけくださりました。
急にこの会社に好感度がぐっと上がったのは言うまでもありません。名前出してもいいのでしょうかね?
本当にありがとうございます。
もう友達が見えていたので、お礼を言い、友達に会えたときは涙が出るほど嬉しかったのを覚えています。
脱水症状になりかけの私に、友達が買ってくれたお水もとてもとてもおいしかったです。
人の温かさを感じました。

松葉杖生活も1週間半を過ぎた頃、骨折していない脚の膝、足首が痛くなり、松葉杖を握る手にはマメ…そして、出がけに転倒しました。
悲しくて、どんよりしていたのですが、整備スタッフの方が倉庫から私のために車いすを手配してくれました。
赤くて可愛い車いすで事務所の中を動き回っています。
整備活動日ではない日に私のために選んでくれたのかと思うと、とてもとても嬉しかったです。
海外で車いすを受け取る人も「私のためにこれを選んでくれたんだ!」と同じように嬉しく思ってくれているのかな、そうだったら嬉しいな、なんて想像しました。

最後に松葉杖でよかったと思うエピソードをひとつ。
ひとつ前の記事にもありますように、9月8日は「エルプラまつり」に出展してきました。
そこである方に「佐々木さん?」と声をかけられました。
話していくと、病院から施設に移るときに車いすが必要になったお父様に「飛んでけ」から車いすをレンタルしている方でした。
何度もお電話でお話をして、その方の弟さんが引取に来てくださったので、面識はありませんでした。
いつもだったら素通りしてしまったかもしれませんが、その方は私が松葉杖になっているを風の噂で聞いていたそうです。
それで、「飛んでけのブースにいるし、松葉杖!」ということでピーンときたとお話ししてくださいました。
そして「佐々木さんが松葉杖でよかった。こうやって直接会えたんだもん。よくないけどね。笑」と言ってくださいました。

いつも車いすに関することをしていて、介助もするし、わかっていると思っていたことがそうではなくて、考えがすごく変わりました。
折れたときは本当に痛かったけれど、折れたことによって、素敵な出会いもあって、人の優しさを感じて、日々勉強しています。
長くなりましたが、今回自分が感じたことを記しておこうと思いました。

「飛んでけ」の近況はさっぱり伝わりませんでした。エルプラまつりにご来場くださった皆様ありがとうございました!
次は10月14日の星園祭りで会いましょう。

タイでの結婚式

勢いよく更新します。

kazumiです。

「タイでの結婚式」と書くと、なんか私が結婚したみたいですが・・・。汗

「飛んでけ」の仲介団体 AADPのスタッフのお兄ちゃんが結婚したのです!

AADPと言えば、うちともっとも長い歴史のある団体で、現地での車いすコーディネートをしてくれています。

休日に旅行者がついても「タイの障がい者のために運んでくれていて、私たちも嬉しいので、休日でも大丈夫ですよ」と言ってくださいます。涙

そんな団体のスタッフが結婚するとあらば・・・と出席してきました。

2泊5日の超強行スケジュール。

荷物は国内旅行並み。(そのせいでカウンターの国内線→国際線→国内線→国際線とたらい回しにあいました)

まず、今回は超遠い南部にお住まいの4歳の女の子に届くらしく会えなかったのですが、事務局に預けてきました。

 

そして、翌日は結婚式へ!まさかの4時起き!結婚式は7時半から!

着いたと思ったら朝ご飯が振る舞われ・・・

パレードの不思議な雄叫びに驚き・・・←なにやらこの不思議な雄叫びを聞くと「ああ、結婚式か」と思うらしい。

メインのパーティーが始まる頃には眠気に襲われ・・・

サウナのような屋外結婚式・・・

追い打ちを掛けるような熱い料理たち・・・

 

ここでお伝えしたいのは、障がい者支援の活動をしている方々がたくさんいらしていて、

日本財団のマークのついた福祉車両から車いすの方々がたくさん降りてきて・・・

みんなが自然に手をかす。

ド田舎の間違ってもバリアフリーとは言えないところでの結婚式をみんなで楽しめるという空間がとても素敵でした。

これは車いすの参加者が本当に多くて、もう素敵な椅子をもっている方が多かったので、大量に余った椅子の図です。

これから車いすの出席者がどんなに多かったかを想像してください。

新郎新婦さんと私の友人と。

華やか~ですね。

最後にせっかくバンコクではなくナコンパトムへ行ってきたので、ちょっと観光もしてきました。

パゴダです。名前はPhra Pathom Chedi。

もっと詳しいレポートは、とべとべ56号をお楽しみに♪

 

西円山病院さんから車いす!

みなさん、こんにちは。

書きたいととが溜まっております。

少しずつアップしていきます。

 

先週、引取ボランティアの石川さんと西円山病院さんへ車いすをいただきに行ってきました!

今回は10台の車いすをいただきました。

今回で3回目の引取ですね。

いつも在庫が少なく、「どうしようかな~」と思っていると、タイミング良く連絡をくださいます。

大感謝です。

いつもありがとうございます。

メーソット マウンマウンティンさんが道新に

皆様、本日の北海道新聞はご覧になりましたでしょうか?

kazumiです。

このブログでも紹介しましたが、4月末に東京でマウンマウンティンさんの展覧会&講演会がありまして、私も遠路はるばる行ってきました。

そして、先週の北大講演で何を話そうか迷ったのですが、タイ側に入ってきているミャンマー(ビルマ)の難民について話をさせていただきました。

私もそうですが、日本に住んでいると「国境」という概念が身近にないので、いいかなと思い、私が訪問した時の衝撃なども話しました。

 

「自分の国がすき、故郷がすき。だけど、帰れない」

 

この言葉の重さを噛みしめました。

 

その、マウンマウンティンさんが今日の北海道新聞 朝刊4面の「ひと」欄に載っています!!!!!

 

 

北海道新聞でマウンマウンティンさんに会えるなんて!

素敵です。

マウンマウンティンさんがしきりに私たちに訴えたことは、「知って欲しい、そして伝えて欲しい」。

新聞、皆様チェックしてくださいね!

あと、こんな動画見つけました!

こちらもチェックしてくださいね。

彼の故郷に対する思いと、絵にかける思いが伝わります。

そして、あの優しく、温かな雰囲気の彼の素敵さが伝わります。

http://www.youtube.com/watch?v=QfHZzakuaIk

 

今週末は総会!週明けは会報とべとべ!

皆様、こんにちは!

今週末は総会です。

総会後は2011年度に届いた車いすの報告イベントやもちろん懇親会も開催します!

お忘れ無く~。

懇親会だけのご参加も大歓迎です♪

*************************

平成24年度通常総会

2012年5月26日(土)15時半~17時

市民活動プラザ星園(南8西2) 2階 会議室中

 

イベント「2011年度届いた車いすたち」

同日、同会場 17:15~18:30

 

懇親会

同日19:15~21:15

八雲 (中央区南1条西3丁目パルコ8F)

車いす用トイレが同階にございます。

*****************************

 

そして、週明けは会報とべとべ55号の発送日です!

今回は高校生による、高校生の、高校生のためのコラムもあります!

それから、私kazumiと編集長中島のカンボジア訪問記も掲載!

理事正尋さんのお宅訪問レポートもあります!

盛りだくさんの内容になっておりますので、お楽しみに♪

 

発送を待っている封筒さんたちです!

月曜日には皆様の元へ旅立ちます。

 

Justgivingチャレンジ始めました!

皆様、今日はまた少し暖かな、いいお天気になりましたね。

春ですので、またしてもチャレンジします。

カンボジアに行ってきて、報告を~、と思いながらも日々の生活に埋もれていました!

ブログに記事を書いたのと、現在作成中のとべとべにも報告を載せる予定です。(5月28日発送ですのでお楽しみに)

もっともっとカンボジアで見てきたことを伝えたい!ということで、報告会を札幌で開催、写真展などは全国各地でやりたい(希望)です。

そんなこんなで、「飛んでけ」の更なる発展のために、私たちは見てきたことを日本国内各地で伝えるチャレンジをしたいと思います。

北海道から発信!していきますので、応援よろしくお願い致します。

チャレンジページはコチラ!

 

リングプル集めています!!

皆様、こんにちは。

札幌はまだまだ桜の季節ですね。

我が家の庭にも桜が・・・そして、事務所に来る途中のパークホテルでは歩道沿いに鮮やかなピンク色の桜がずらーっと。

綺麗ですね。

匂いも癒しです。

 

今日はリングプルのお話です。

最近はまたリングプルラッシュで、嬉しい限りでございます。

 

当会リングプルを当会では車いすには原則替えておりません。

現金に換金して、そのお金で車いすに欠くことのできないタイヤやチューブなどの部品を購入しております。

リングプルを集めて車いす1台になる重さで、17人分のタイヤを購入することが出来ます。

より多くの方々の足になりますように・・・。

 

ブログにもアップされていますが、北真小学校の皆様が集めてくださった2箱いっぱいの心のこもったリングプルにうるり。

倶知安町立西小学校樺山分校の皆様からも毎年たくさんのリングプルをいただいております。

マンションの管理組合で集めてくださっているところもあったり・・・

南区の匠なクラブさんは700キロ以上を集めて、車いすにして、それに併せてリングプルもくださいました。

これからもリングプルをくださるそうで大感謝です!

匠なクラブさんは障がい児・者の将来を考えながら、地域に住む人々とのふれあいを支援活動する団体です。

障がい児とのヨサコイもやっているようで、現在ボランティアさん募集中とのことです。場所は石山タウンヒル会館(南区石山4条6丁目6)です。

ご興味ある方いらっしゃいましたら、「飛んでけ」事務局佐々木まで。

 

それから、それから、

リングプルのつまった箱が郵送で届きました!

差し出し人名を見てビックリ!!!

「オフィスキュー」

オフィスキューとは言わずと知れた、あの大泉洋の事務所ではございませんか!

大変大変ビックリ出来事でした。ありがとうございます。

それからは録画してあった「水曜どうでしょう」と毎日3本ずつくらい見ています。

やはりお気に入りはベトナム縦断ですね。あのカッパ持ってますとも。

 

そして、エルプラザ2階 市民活動サポートセンターに「飛んでけ」リングプル回収ボックスが設置されました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エルプラザ2階の打ち合わせコーナー、レターケース上に置いてあります!

エルプラザで喉が渇いたときは缶ジュースを飲み、リングプルはここに入れるようお願い致します。

また、事務所まで持ってくるのは大変だけど・・・という方、いらっしゃいましたら、こちらのボックスまでお願い致します。

わぉ、もうたくさん!

 

リングプルは車いすを送るための大切な大切な資金源です。

勤務先や学校、カフェ、レストラン等で集めてくださるという方も募集しております。

リングプル収集セット(チラシ・ボックス)をお渡しして、集まり次第引取にお伺いいたします。

会報をお送りして会の活動を報告させていただいたり、車いすの届いた様子の写真を載せたポスターを作成し活動の報告をさせていただきます。

 

 

もちろん今まで通り事務所に郵送していただく、量が多くて運べない場合はこちらで引取にお伺いしたり、直接持込なども行っております。

今後ともよろしくお願い致します。

【郵送先】

〒064-0808

札幌市中央区南8条西2丁目市民活動プラザ星園407 

認定NPO法人「飛んでけ!車いす」の会 宛