つながりを大切に…。

どうもshimadaです。

明日は星園まつりです。shimadaは仕事のため、残念ながら今年は参加できずですが、

地方から車で駆けつけてくれるスタッフが準備してくれるとのことだったので、

職場でPCと睨めっこしながら、時たま想いを馳せることにします(苦笑)

明日10時から16時まで星園まつりが開催されます。

とんでけも活動紹介パネルで世界に飛んで行った車いすの写真を多数展示しますので、

ぜひご覧ください!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

さて、今日はスポーツの秋ということで野球のお話を。

といっても普通の野球ではありませんが。

札幌市内の一部の養護学校間で盛んに行われているスポーツに、

ゴロ野球というのがあります。

選手の障がい状況や力量に合わせてルールが変わり、誰でも真剣勝負ができる野球、

というコンセプトのもと考案された野球です。

毎年春と秋には4校の養護学校とOB・OGチーム4チームで大会を開催しています。

 

どんな野球なのか、言葉で説明するよりも実際に見ていただいたほうがわかりやすいと思うので、

こちらの動画をUPします。

僕の場合は2ストライクまで打ってそれから転がしたボールを打ちます。

shimadaは小学生の頃からやっていて今でも月数回プレーしに養護学校へ足を運びます。

 先月末に真駒内養護学校へ試合に行ったところ、

掲示板を眺めていたら当会が発行しているお礼状を見つけました!

DSC_7183

真駒内養護学校から提供していただいた車いすが、

海外で車いすを必要とする方へ届いた時のお礼状です!

日本で使われていた車いすが持ち主の方と歩く時を終えてもなお、

整備を施し、旅行者と一緒に海外へ渡り、新たな持ち主と出会う。

 

その様子を多くの方々にお伝えできるという意味でも、

このように目のつくところに置いていただけることは、

本当に重要なことであり、当会にとって本当にありがたいことです。

真駒内養護学校の皆さまへは心より感謝の意を述べさせていただきたいです。

車いすをご提供いただいたことも含め、本当にありがとうございました!

 

さらに先月、小学生から中学生時代までゴロ野球のコーチとしてお世話になり、

高校時代はその縁もあり理学療法を担当してくださったPTの方とお会いすることがあり

当会のことをお話をするとご存じだったようで

「俺、車いすの倉庫番だったから50台ぐらい送ったなぁ」と懐かしげに語ってくださいました。

 

本当に人のつながりはステキだと思いました。

だからこそ日々の仕事は怠ってはいけないとも思いました。

目の前の仕事だけにとらわれず、ここで活動していくということは誰かとつながっている、

また誰かとつながるかもしれない。

そういうことを意識して、どんな仕事も想いをこめて丁寧に取り組んでいきたいです!

 

shimada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 + three =