パソコン用に無停電電源装置

「飛んでけ!車いす」の会の事務作業にパソコンは欠かせませんが、整備グループで電動工具を使ったり、ティータイム用にコーヒーポットを沸かしたりするとブレーカーが落ちてパソコン画面が突然暗転、という事態がしばしば起きるようになりました。

自前の電池を持つノートパソコンはいいのですが、持たないデスクトップパソコン(通称『Dell PC』)は入力途中でのデータが消失するなどの影響が大きいため、2017年12月から無停電電源装置(UPS)を設置しました。


導入後もブレーカーは時折落ちますが、UPSは期待通りの効果を発揮し、データを素早く保存して復旧を待つことができるようになりました。購入費は1万8360円でした。

asaさんの手控より