formats

祝3000台 1台1台のこれまでと、これから

発足以来21年9カ月目に「飛んで」いった車いすが3000台となりました。
千歳ロータリークラブの皆さんが運んでくださいました。
会を始める 時に当時北大生だった柳生一自さんが「10年やって300送れたらす ごいよね」と言ったことを思い出します。

100年分の仕事をやったのか!と思いつつ、「まだまだ」感があります。「飛んでけ」は数を重んじるのではなく、丁寧に1 台ずつ、体に合わせて送る、というコンセプトのもと提供者~コーディネータ~整備者~旅行者~受領者とバトンを渡してきました。

やっとこの流れをストーリー化しようと いう試みも始まりました。ただ、現地で手渡した後どのように使われ、壊れたらどうするかなどの細かい情報はあまり得られていません。4000台目に向けて、このような課題をクリアしている「飛んでけ」でありたいです。 (代表理事 吉田三千代)

 

 

軽トラックの荷台いっぱいに積んだ車いす

 

 

ベトナム 「大事な預かりもの」を運んで感謝                      

 

私たち千歳ロータリークラブのメンバー8人は「飛んでけ!車いす」の会さんの全面バックアップのもと、2月上旬にベトナムのホーチミン市を訪れ、8台の車いすを届けてきました。お届け先は「飛んでけ」さんと長く親交があるキリスト教系の奉仕団体さんが生活を支援している45歳~80歳の 成人女性8人でした。
ホーチミン市到着の翌日、施設を訪ね、7人の方に直接手渡すことができました。その中の1人が
「車いすを手にするのは今回が初めてです」と涙ながら話してくれて胸を打たれました。「私たち
が届けた車いすがその人の人生を変えていくことが本当にできるんだ」と大げさでなく実感した瞬
間でした。

自らの手で車いすを運んでいく途中で私の気持ちにも芽生えてくるものがありました。「ただの大
きな手荷物」から、車いすを提供してくれた人、メンテナンスしてくれた人、現地との調整をしてく
れた人からの「大事な預かりもの」という気持ちに変わっていったのです。
届け先の方々を幸せにするだけではなく、届ける側である私たちの心も耕してくれる意義ある活動
とともに私たちもますます成長していきたいと思っています。(千歳ロータリークラブ 吉田真也)

 
formats

車いす3000台に寄せて~太田広三さんより

 

太田広三さん:
2 0 1 0 年ごろから
コーディネーターとし
て活躍。約1 0 年に
わたり、旅行者と現
地コーディネーター
との丁寧なやり取り
によって、飛んでけ!
を支えてくださった
功労者。

一口に「3000台」と言いますが、その間には20年以上もの
月日があるわけで感慨ひとしおです。1000台目は2005年
5月、ペルーへ城攻・理事( 当時。現監事)が運び、20
00台目は2011年8月に社団法人北方圏センター(当時。
現在は公益社団法人北海道国際<交流・協力総合セン
ター)主催の研修旅行で道内高校生グループがベトナ
ム・ホーチミン市へ6台の車いすを運んだことで
達成されました。

2000台目の時期はちょうど私が会でお手伝いを始めて半年
ほど過ぎたころで、当時の事務局長や、まだ学生だった理
事たちと仕事をしていました。そのころの事務局は札幌駅
近く、札幌通運本社ビルの中二階にあり、整備班は異なる
場所で作業を行っていました。事務局には近くの北大など
から多くの学生さんが来ていて、彼らが「2000台目はどこ
に行くのだろうか」とワイワイにぎやかに話していたのを
昨日のことのように思い出します。そういえば1000台目の
時は会の内輪で国名をめぐってトトカルチョが行われるなど
盛り上がり?を見せたとも聞きました。

結局、2000台目のコーディネートは学生の中原君(後の代
表理事)が担当し、そして、今回の3000台目は偶然にも
私が担当しましたが、今回は過去と違い、事務所ではそんな
に話題になりませんでした。若い人が多かった当時と、
シニアが多い現在では、そういうところでも違いが出てくるのかも知れませんね。

私は、高齢になってきたこともあり3月末でコーディネーターを引退します。
今後は日々進歩する通信手段に柔軟に対応し、旅行者さんや
現地のコーディネーターさんと緊密に連絡して、車いすを
必要とされている方に1台でも多く届けられるよう、
一人でも多くのコーディネーターさんが活躍されることを期待しています。

 

お知らせ 9月に「3000台達成」 記念講演会

車いすで世界175カ国を訪れ、世界のバリアフリー事情を知る第一人者、
木島英登(ひでとう)さんを招いて記念講演会を開きます。
日程: 9月27日(日) 13:00-16:00
場所: 札幌エルプラザ(予定)
参加費:会員無料
※詳細は「とべとべ」80号(7月発行予定)でお知らせします。

木島英登さんプロフィール 1973年生まれ。車いす利用者の観点と、広告会社で培った
マーケティングの経験を活かしたバリアフリーに関する研究・批評を発表して活躍中。
主な著書に「空飛ぶ車イス」 (IMS出版/2001)
木島さんのホームページ:http://www.kijikiji.com/consultant/index.htm

 
formats

北海道新聞に掲載されました。

1月19日の北海道新聞朝刊くらし面に、当会の車いす整備スタッフ、

古川泰久さんのインタビュー記事が掲載されました。

日頃の会の活動や、JICA草の根事業としてインドネシア・バリ島で

展開中の整備技術移転事業について語ってくれています。

北海道新聞社許諾D2001-2007-00022024

※画像をクリックすると拡大版が開きます。

開いた後、PCの場合は左クリックで、

スマートフォン等の場合は指でピンチアウトすると大きさ調整できます。

 

北海道新聞と、取材してくれた佐竹直子、中村祐子両記者に感謝します

 

 

【掲載日:2020/1/24 記事サイズ修正:2020/1/27】

※掲載期間:2020/7/31まで

 
formats

車いすの学校開催

画像をクリックするとPDFがダウンロードできます。

 

【掲載日:2019/12/1】

 
formats

パンフレットが新しくなりました

写真とイラストがたくさん盛り込まれたとても素敵なデザインのパンフレットです。

ぜひ、ご覧になって飛んでけをもっと知っていただけると嬉しいです。

パンフレット外面 パンフレット内面

PDF版はこちらから↓

★PDF版ダウンロード

 

 

[掲載日:2019/10/31]

 
formats

車いす整備講座動画

車いす整備の動画を作成しました。
全7講座あり、再生ボタンでyoutubeが動画が再生します。
どうぞご覧ください。

整備講座01車軸の清掃(グリースアップ) 整備講座02パンク修理・チューブ交換
整備講座03キャスターの分解・清掃 整備講座04ブレーキの調整

整備講座05フットプレートの調整 整備講座06虫ゴムの交換

整備講座07車いすのたたみ方・開き方

[掲載日:2019/10/28]

 
formats

ネパールのLeezaさんのお母さまからお手紙を頂きました!

先日お礼状(・2019/9/ ネパールのLeezaさんにお届けられました。)で、
ご紹介しましたLeezaさんのお母さまからお手紙をいただきました。
英語になりますが、ご紹介いたします。

当会では、車いすの届け先からお礼のお手紙をいただくことがあり、
今後も掲載の条件が整いましたらご紹介しますので、乞うご期待ください。

 

【掲載日:2019/10/2】

 
formats

とんでけインスタグラムページ開設しました。

この度、当会のインスタグラムページを開設いたしました。

https://www.instagram.com/_tondeke/?hl=ja

 

会の活動を随時アップロードしていきますので、
随時ご覧いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

【掲載日:2019/9/21】

 
formats

アムリタさんのスピーチ

■ 地震後の支援で当会から送った車いすを使用している
アムリタさん(ネパールの車いすファッションモデル)のスピーチです
(You tube  英語) 
日本語訳はこちらをクリックしてください

 
formats

5/21(火)事務所移転のお知らせ

平素より当会をご愛顧・ご協力いただき、誠にありがとうございます。

以前より会報等でお伝えしてきたかと思いますが、

5/21(火)より、事務所を移転いたしました。

 

新しい住所は下記となります。

064-0808

札幌市中央区南8条西2丁目5-74

市民活動プラザ星園402号室

http://www.cmtwork.net/shimin/

 

電話番号・FAXは変更ございません。

011-215-8824(FAX兼)で引き続きご連絡お願いいたします。

 

新しい事務所に移りましても海外へ車いすや整備技術を送り伝えて行きますので、

今後とも変わらぬご愛顧・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 
© NPO法人「飛んでけ!車いす」の会
064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-74
市民活動プラザ星園402号室
TEL/FAX (011)215-8824
Email tondeke@bz01.plala.or.jp