Facebook Twitter Gplus YouTube Google Maps E-mail RSS
Home 車いすが届きました

車いすが届きました

世界中に車いすが届いています!
世界中の声を集めました!

 

◇インドネシア・バリクパパンの特別支援学校からお礼の手紙が届きました
現地に車いすを届けてくれたのは佐藤 則夫さんほか5名のかたです

手紙と現地新聞をご紹介します(翻訳はインドネシア留学生がしてくれました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Go!Fly!Wheelchairs様へ 

お元気でしょうか?

私は新しい車椅子を頂いたことで感謝の気持ちを伝えたくてこの手紙を書いています。
新しい車いすを頂けたことで私はすごくうれしいです。私は何を言えばいいかわからなくて、感謝しか言えません。
新しく頂いた車椅子はとても心地よいです。この車椅子を愛しています。

心地よいだけではなく、この車椅子はすごく使いやすいです。

車椅子がないと私は何処にも行けず、学校にも行けません。

車いすは私の足です。

Go!Fly!Wheelchairsにはもう一回心の底から感謝しております。

Arief Fadillahより   201693

 

現地新聞記事より

【「佐藤則夫さん、Tunas(トゥナス) Bangsa(バンサ) 特別支援学校に5台の車椅子を援助 」

(バリックパパン、トリブン)バリックパパンの Tunas(トゥナス) Bangsa(バンサ) 特別支援学校は日本のNPOから再び車椅子の援助をもらった。この援助はほぼ毎年行われている。

数日前、5台の車椅子を佐藤さんらがTunas Bangsa 特別支援学校の副校長のスサンさんに引き渡した。日本から来たボランティアさんらは旅行をメインの目的として、その間に車椅子をTunas Bangsa 特別支援学校に届けた。

%e6%96%b0%e8%81%9e%e8%a8%98%e4%ba%8b%ef%bc%92

現地の新聞

「今回の援助は5回目で、以前まで頂いた車椅子は10台で、
今回は5台も頂いたので、全部で15台も頂きました。

ほとんどの頂いた車椅子はTunas Bangsa 特別支援学校の学生が使用していますが、数台は国立特別支援学校にも使用されています」と副校長のスサンさんが言った。

Tunas Bangsa 特別支援学校の代表として、スサンさんが感謝の言葉も述べた。「車椅子を下さった日本のNPOに私たちは感謝を申し上げます。この援助によって、障害者の学生たちの生活は大変助けられます。」

学校の教師らはボランティアさんらがバリックパパンに旅行しに来るのに、わざわざ時間を空けて車椅子を届けてくれたことで感動した。

「彼らは日本からわざわざ車椅子を私たちにただで届けに来ていただきました。」スサンさんが言った。佐藤さんらは車椅子を届けた上で、車椅子の整備も行った。】

・・・・・

佐藤様、みなさまは飛んでけを通じて車いすの寄贈だけでなく、届けた車いすのメンテナンスも毎年現地でされてます 届いたときの喜びと長く使える安心を現地のかたに提供してくれています
会としても感謝の気持ちでいっぱいです

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◇タイに車いすが届きました(2016/9/11)
届けびと(写真提供): 根本 泰成さん

(写真はクリックで拡大します)

dsc_0526

【車いすが届いた日】

 

dsc_0527

ほら お兄ちゃんも手伝って

dsc_0528

僕が開けるよ

dsc_0529

うわー すごいな

 

 

 

 

 

 

 

dsc_0530

広げて乗ってみて

dsc_0531

乗り心地はどうかな

 

dsc_0537

ここがブレーキよ うん

 

 

dsc_0533

ぴったりだね~

 

 

 

 

 

dsc_0535

わたしの新しい車いす

dsc_0540

み-んなうれしい!!

 

 

 

 

 

 

 

dsc_0536

この素晴らしい活動がもっと広まって1台でも多くの車いすが必要な人に届くようサポートしたいと思いますので今後ともよろしくお願いします         根本泰成

 

 

 

………………………………

 

インドネシア バリ島にお住まいのNyomanさん

 

Nyomanさんの2人の兄弟ご兄弟も同じく小児麻痺です。Nyomanさん含め3人兄弟皆、画家で去年は3人展も開催したというほどの実力の持ち主です。

彼の体系に合わせて子ども用の車いすを送りました。この子ども用の車いすはぴったりで、活動の幅が広げられるととても喜んでいます。今後の活躍に期待ですね。

 

 

 


 

 

 

カンボジア シェムリアップ在住のラッタニーくん(当時12歳)

これまでの人生で両親を亡くし、おばあさんに引き取られるも、障がいのためにおばあさんが育てられず、たまたま村に来た人買いに売られてしまった。その後のタイでの物乞いを強いられる生活はまさに地獄のようだったそう。

車いすを受け取った当時は、身寄りのない子のためのセンターで生活し、12歳にして小学校一年生を始めたばかりでした。

当時使用していた木製の車いすは、雨季のぬかるみで重くなり通学が困難でした。新しく動きやすい車いすを手に入れて喜んでいました!

 

 

 


海外旅行+車いす=かけがえのない思い出
あなたも車いすを届けてみませんか?


© 「飛んでけ!車いす」の会